• kumananrinri

野焼きボランティア参加(H29/3/5)


毎年熊本市南倫理法人会では、野焼きボランティアの参加をさせて頂いております。今回の参加者は18名。

私達は、西原村鳥子原野(俵山西側)での活動でした。丁度風力発電が設置されている場所周辺で、ここから下り、グリーンヒルゴルフ場までを担当しました。

熊本地震の影響で崩落個所や地割れしている危険個所もあり例年より1割少なく6000haが西原地区や阿蘇地区で行われました。

ヘルメット、ゴーグル、マスク、皮手袋、燃えにくい木綿の服着用と 完全防護でしたが、火の近くでは風下にもかかわらず凄まじい熱さでした。

予め昨年より地区のベテランの方々が草原と森林などの境にある草を幅6~10mにわたって刈り払い機などで刈ります。 ※斜面がきつい所も多数あり、この作業が一番重労働とのことです。  阿蘇市郡におけるこの刈り取り総距離は、600km程あるとのことで

 驚きです。 この作業は、火が燃え移らないようにする重要なものでこれを防火帯と言います。この防火帯にもほぼ鎮火状態の火が入るのですが、この火を火消し棒を用い完全鎮火させる作業を担当しました。

ご存知の通り熊本地震でこの西原地区も甚大な被害があり、避難生活、 仮住宅での生活、そして多くの地割れや崩落個所があり今回は見送ろうかとの話が一旦は持ち上がったとのことです。しかし、この野焼きを1年延ばすだけで、衛生上の問題や景観が損なわれ荒れ果てた地になるのは避けたいとの皆さんの強い思いがあったのです。 今回のこの野焼きにより、美しい景観が保たれることは非常に喜ばしいですし、ボランティアに参加できたことも誇りに思います。 西原、阿蘇地区を訪れる多くの人々の心を引きつけ、貴重な植物を絶滅から守り、日本を代表する景観を後世に残すためにも、今後も不可欠な作業であるといえます。

皆様の来年のご参加お待ち申し上げております。


44回の閲覧

最新記事

すべて表示

4月諸行事の中止について

熊本市南倫理法人会 会員各位 会員様には平素より格別のご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。 先般、新型コロナウィルス感染拡大防止策として3月末までの 当会の諸行事開催を中止し、4月からの各種活動再開に向け、準備を進めておりましたが、 新型コロナウィルス感染症拡大の恐れがあるため、参加者及び関係者の皆様の健康と 安全面を第一に考慮した結果、4月の諸行事は中止することといたしました。 {4月

事務局:〒862-0942 熊本県熊本東区江津3丁目4番12号4F

​TEL:096-288-9398

​FAX:096-288-9446

​モーニングセミナー開催場所:ザ・ニュー ホテル 熊本

​熊本市西区春日1丁目13−1